充分な睡眠で肌荒れを解消しよう

ストレスは、肌荒れの原因になる場合があります。

ストレスが原因の肌荒れを解消するには、
ストレスの解消とともに、十分な睡眠を確保するのがオススメです。

ストレスは肌荒れの原因になる

ストレスを受けると、交感神経のバランスが崩れることにより、
全身の血行が滞るようになります。

血液は、肌を初めとして全身に、必要な栄養素を運ぶ働きをしています。
ですから血行が滞るようになると、栄養不足により肌の活動が低下することになります。

またストレスを受けると、眠れなくなる場合があります。

肌の健康は、眠っているあいだに回復されることになりますので、
不眠が続くと、肌の健康が損なわれます。

さらにストレスによる交感神経の乱れにより、胃腸の働きが低下することがあります。

胃腸の働きが低下すると、胃腸が十分栄養を吸収することができなくなり、
肌の栄養不足が加速します。

以上のような理由により、ストレスを受けると肌荒れを起こすことが少なくありません。

ストレスによる肌荒れは十分な睡眠を

ストレスによって肌荒れを起こす場合、十分な睡眠をとることがオススメです。
睡眠により、肌の健康が回復し、肌荒れが改善することになります。

ストレスによりなかなか眠れない場合には、
就寝前の入浴やアロマなど、入眠方法を工夫するようにしてみましょう。

美肌の大敵!ストレスに注意しよう

目次一覧