ストレスによるニキビを解消するために

ストレスはニキビの大きな原因となります。

ストレスによるニキビを解消するためには、
ホルモンバランスを改善するサプリメントを使用するのも効果があります。

ストレスはなぜニキビの原因になるの?

ストレスを受けるとニキビが発生するのは、大きく分けると、

  • ホルモンバランスの影響
  • 免疫力の低下
  • 便秘

の3つの原因があります。

ホルモンバランスとニキビ

ストレスを受けると、ホルモンバランスが崩れることになります。

ストレスを受けると、人間の体内には、男性でも女性でも、
男性ホルモンが盛んに分泌されるようになります。

男性ホルモンは人間の積極性や瞬発性を増し、
ストレスから脱出することを容易にさせる性質があります。

ただ男性ホルモンは、同時に皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を盛んにする性質があります。

ストレスを継続的に受けるようになると、皮脂が過剰に分泌されるようになり、
それによって、皮脂が毛穴につまり、ニキビが発生しやすくなります。

大人ニキビの場合、思春期にできるニキビとは違い、
なかなか治りづらく、ニキビ跡にもなりやすいため、適切で素早いケアが重要となります。

また、おでこなどに比べると毛穴が小さいため、 
頬にできる頬ニキビは大人ニキビの中でも、特に悪化しやすいニキビです。

そのため、正しい洗顔や充分な保湿が必要です。

免疫力の低下とニキビ

ストレスを受けると交感神経のバランスが崩れ、免疫力が低下します。
免疫力の低下は、細菌の繁殖を許すことにつながります。

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂を栄養源として、
ニキビ原因菌であるアクネ菌が、毛穴に繁殖するようになり起こります。

ストレスにより免疫力が低下すると、アクネ菌はより盛んに繁殖するようになってしまいます。

便秘とニキビ

ストレスを受けると交感神経のバランスが崩れます。

胃腸は、交感神経の影響を大きく受けていますので、
交感神経のバランスが崩れると、働きが低下することにつながります。

胃腸の働きが低下すると、便秘しやすくなります。
便秘をすると、便の毒素が腸壁を通して血管内に入り、全身を回ることになります。

この毒素は、肌にも影響し、ニキビを発生させる原因になります。

ストレスによるニキビを解消するには?

ストレスによって生じるニキビを解消するには、
まずは原因となっているストレスそのものを解消するのが最も効果的です。

しかしその他に、適切なスキンケアとホルモンバランスの回復も、
ニキビの解消には効果があります。

スキンケアによりニキビを解消

ニキビができた場合、スキンケアの方法を間違ってしまいがちです。

ニキビは皮脂が原因になっているからと、洗顔をし過ぎてしまう場合がありますが、
これはさらにニキビを悪化させることにつながりかねません。

適切な洗顔により、毛穴に詰まった皮脂を洗い流すことはニキビの解消に効果的ですが、
過剰な洗顔は、必要な皮脂を失ったり、角質の細胞を損傷させたりし、
肌のバリア機能を低下させることになりかねません。

肌のバリア機能が低下すると、細菌の影響をより受けやすくなり、
ニキビは悪化することになります。

ニキビができたら、洗顔は1日2回までにし、
また洗顔の際、顔を擦ったりするなどのことは避けるようにしましょう。

さらに洗顔後には保湿を十分し、肌のバリア機能を維持することがオススメです。

ホルモンバランスの回復によりニキビを解消

ストレスによるホルモンバランスの乱れによってニキビができた場合、
ホルモンバランスを回復させることにより、ニキビが解消することがあります。

病院を受診して、ホルモン剤を処方してもらうことも一つの方法です。

またホルモンバランスを回復させる効果のあるサプリメントを使用するのも、
ニキビを解消する可能性があります。

美肌の大敵!ストレスに注意しよう

目次一覧